地形図の危機

  • 地図豆さん

日本に地図がなくなる日 1
日本に地図がなくなる日 2
日本に地図がなくなる日 3
日本に地図がなくなる日 4

紙に情報が固定された地図は、内容を変更することが困難なため、作り手の責任が明確となり情報の確認が慎重に行われる。あらかじめ地図の縮尺を決めて作成されるので、縮尺にあった表現が採られ完成度の高い地図ができる。印刷する紙も折りたたみに強いものが使われ、インクも退色しにくいものが選ばれるので保存性が高い。入手しにくいので大切に扱う。

同意。デジタル化も重要だが、基礎の部分を蔑ろにするのはまずい。

  • ハマちゃんのひとり言さん

東京都北区・草加市の中央図書館と米軍地図!
紙地図終焉の危機!
紙地図終焉の危機(その2)
国土変遷の記録としての地形図!
入札と談合!(地図業界の場合)
国土のデータをきっちりと残すというのは、国として重要な仕事だと思うが…
しかし、知らなかったが地形図製作の現場が劣化しまくっているのには愕然とする。東京都北区・草加市の中央図書館と米軍地図!のコメ欄によれば、海外に地形図の図化や製図を下請けに出しているのだとか。本当に、地図の製作技術そのものが日本国内からなくなりそうな勢い。そのうち、日本政府より中国政府のほうが日本国土について詳しくなっていたりして…


私は携帯電話を持っていないので比較はできないが、土地を観ながら歩くときには現在でも紙地図のほうが優れていると思う。地形や集落の変遷を地図から想像しながら動くには、デジタル地図は現在でも使いにくい。