Theoretical Sociology | バイク便のエスノグラフィ

sociology.jugem.jp
 文献メモ。おもしろそう。

もともと趣味を仕事に持ち込んだはずのライダーたちも、知らず知らずのうちに、仕事に趣味を侵食されているというくだりである。

大学の教員はバイク便ライダーに比べれば、生命・身体の危険は著しく小さいし、経済的リスクも小さい。

 バイク便の請負契約って適法なのかね。あと、大学の教員は経済的リスクが小さいかもしれないけど、文系の博士号をめざすとか、非常勤教員の経済的リスクは相当高いぞ。あと、精神方面のダメージを考えると、身体的リスクも結構大きくないか。