棚田と、コンタ萌えと、景観と。 Togetter

togetter.com
 メモ。

同じアングルの現在の空撮。小スケールの地形を圃場整備がリセットする威力が凄まじい。

これ、いまこの地域を見に行ったら、これはこれで「水田の広がる低地と裏の山林との間に散在する伝統的集落」に見えてしまうのではないか。我々が「見慣れた」「懐かしい」と感じる農村風景も、意外に近年の圃場整備の結果だったりするのかもしれない。

 意外と、そのあたりはありそうな気がする。圃場整備による景観の変化って、ものすごいんだよな。熊本市近郊でも、古い地図と見比べると一目瞭然というか。