餓死・孤立死が頻発する現在の日本で、 生活保護制度を改悪してもよいのか? 日本弁護士連合会シンポジウム・緊急レポート|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン

diamond.jp
 メモ。土木事業に金を突っ込むのもいいけど、こういう再分配政策と排除された人を労働市場に再投入するのに投資してもらいたい。

就職したくても「正社員待遇の、生活保護から完全に脱却できる仕事はない」という問題は、個人の努力ではどうしようもない。インセンティブを言うなら、雇用する側に対して言うべきではないだろうか? 生活保護受給者が、生活保護受給歴のために就職が不利になってしまいがちな現状を、先に改善すべきではないだろうか?

また、一度生活保護を受給したら、生涯にわたって調査の対象になる可能性についても、筆者は正直なところ「おぞましい」と感じた。貧困で既に苦しんでいる人々を、それ以上に苦しめるようなことが、行政によって行われるべきではないと筆者は思う。