石原町公民館の火の見櫓

 以前にもこのあたりをチェックしたのだが、思いっきり見逃していた。まあ、限りなく、ただの電信柱だし、無理もないといえば無理もない。ちらっと見えて、思いっきり急ブレーキをかけた。とりあえず、半鐘がついていれば「火の見櫓」という定義でまとめているが。
 見ての通りの背の低いものだが、段丘の一段高い所にあるから、見通しはそれなりに良さそう。