武雄市図書館の図書館としての構造的問題が話題に | スラッシュドット・ジャパン

slashdot.jp
 二階のキャットウォークに、4メートルの本棚とか、計画段階から気が狂っているとしか思えない設計だったしな。ツタバのスペースを捻出するために相当無理をしているってことなんだろうけど。
 何でそのルールができたのかを顧みず、自分の気に入らないルールに文句をつける姿勢が怖いわ。
 「責任を取る」といっているそうだが、実際に落下してけが人や死人が出た場合にどういう責任を取るつもりなんだろうな。あらかじめ、責任の取り方を明確にしてもらいたい。特に、この図書館は樋渡市長の強いイニシアチブで作られたものだけに、個人的にどう責任を取るかはあらかじめ表明してもらいたい。任期が終わった後だから、バックレましたとかいうのはなしだからな。