松竹大谷図書館がクラウドファンディング活用−250万円目標に運営費など募る - 銀座経済新聞

ginza.keizai.biz
 毎年、不足分を募集しているのかな。あとは、短期的な事業と。サイトの事業報告を見ると、毎年の運営費が3000万-4000万だから、不足分をクラウドファンディングで補っているということかね。