ブルーインパルスを見に出撃

 熊本城二の丸で開催された「飛翔祭」に出撃。
 ブルーインパルスのT-4が模様を描くところを、一番みせたいところで見られたのはよかったが、とにかく人が多くてな。11時15分頃に二の丸に着いたら、もう、人がいっぱいで、草地には入れなかった。あと、直射日光が思ったよりきつくて、しかも、寝坊気味で飛ばして行ったので、体力を削られている状態では、非常にきつかった。今も、頭痛が。救急車が来ていたから、倒れた人もいるのだろう。


 帰りが、またすごくて、城彩苑方面から出ようとすると、数分でいける道が、10分以上人ごみの中で難渋することに。棒庵坂から降りればよかった。まあ、あっちも、歩道がめちゃ混みになるか…
 下通り、上通りも、人大杉で、嫌気がさしたので、早々に退散。


 次の機会があったら、上空の視野が広いところで見たほうがいいな。大甲橋で待機していた人は先見の明があった。あるいは、高いビルの屋上か。
 ジェット機の爆撃を地上側から見ると、どこから襲撃してくるのか、本当にわかりにくいのだなと実感した。高射砲塔の利点も納得。


 行幸坂の下で、既にこの人波。



 ブルーインパルスの飛行。カメラの性能の割には。