小川剛生『兼好法師:徒然草に記されなかった真実』

 いや、おもしろかった。手に取ってから、一気に読んだ。兼好法師 忘却散人ブログを見て、気になったので。
 徒然草の作者、卜部兼好の経歴を、信頼できる史料から追った本。兼好の出自が、吉田家とは関係なく、吉田家系図の当該部分は捏造されたものであったこと。伊勢に散在する平野流卜部氏の傍流で、その縁で金沢流北条氏の被官となったのではないかと推測している。破棄された書簡が、仏典の書写用紙に流用され、金沢文庫に残存。そこから、兼好の若年時の姿がかすかに見えるという、縁の不思議さ。
 その後、六波羅探題に任命された金沢貞顕に関連して、京都の東山に移住・出家。金沢氏の関係者と公家の仲介や朝廷の下級官職、不動産や金融などに携わって、いた。公家の日記や寺院の古文書、徒然草の内容などから、解いていく。所領の購入と寄進の文書が残っていたり、意外と痕跡は残るものだ。


 鎌倉幕府滅亡後は、室町幕府の有力者、高師直や賢俊の右筆や表立たない使者、故実の助言などを行っていた。遁世者というのは、表立ってやり取りできない武家と公家の間を取り持つのに、非常に適した立場だったと。階級無用か。
 さらに、歌人としての兼好。二条派和歌の地下門弟四天王として、それなりに著名であり、徒然草が流布するまでは、歌人としての事跡のみが、後世に残っていたこと。独自性の強い歌集。三代の勅撰集に採用されていて、四つめの勅撰集に内定していながら、その前に命が尽きるのを残念がる歌が残っている。また、この歌の存在から、没年が絞り込めるという。
 型にはまった二条派の和歌が、当時の相互の意思疎通が難しい社会では、基準になりえたこと。個人の感興を詠む京極派の和歌が、現代ではそちらが適当と思われるが、当時としては前衛的で、和歌の訓練を積んだ宮中の一部の層にしか受容されなかったという指摘も興味深い。


 ラストは、死後。かなりの時間がたってから、徒然草は流布するようになった。これは、「大草子」という啓蒙的な実用書として、受容された。あとは、吉田兼倶系図を偽造して、自己の家系の家格を上げようと目論んだ姿。兼好の系図上での位置が、その時代の吉田家の都合によって、作られた状況が指摘される。やり口がエグイなあ。


 少ないデータから、兼好の事跡を搾り出していく手際が、スリリング。金沢文庫古文書の他の書簡との関係は、それなりに説得力がありつつも、根拠が微妙に薄いと思わずにはいられないが。結び付けたくなる魅力はあるが。
 今までの「吉田兼好」というイメージがまるっきり変わってしまうわけだが、本書の内容がどの程度、通説化しているのだろうか。そこが、中世文学に不案内だけに気になる。