「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」

 劇場版。最初から、飛ばしていて、時間を忘れて楽しめた。最初の出発のココアと千夜の茶番の時点でニヤニヤするしかない。あと、今回も、リゼさんが凶悪にかわいいな。ポニテとか、流してとか、すばらしい。


 ココアの実家への帰省。そして、ココアがいなくなったことで、ココアシックなチノを力づけようとする、他の面々。チノが、自分から花火大会に皆を誘えるようになったところが、進歩だなあ。そして、ココアは、花火大会に間に合わせるために、帰省を切り上げて、木組の町へ。女の子たちが集団できゃっきゃしているのは、いいですね。特に、ココアとチノの仲のよさというか、チノちゃんのツンデレぶりが。
 しかし、この作品、背景がものすごくヨーロッパですな。乗り物はレトロだし。いいですね。


 ぬいぐるみを量産するリゼさんが、こう本当にすばらしい。