千葉達朗『「最新版」活火山 活断層 赤色立体地図でみる日本の凸凹』

[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹

[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹

 「歴史的大規模土砂災害地点を歩く」で地滑り地を見たり、火山関係の本を読んで、地理院地図を見まくったので、赤色立体地図ではどう表現されているっけと気になったため、図書館から借りてくる。
 旧版を読んでいるが、今回は、東日本大震災をうけて、2011年に再刊されたもので、断層の記述が強くなっている感。


 しかし、実は、単純に火山の溶岩の流れや山体崩壊を観察するだけなら、赤色立体地図よりも傾斜量図を使うほうが、鮮明に見えるような気がする。少なくとも、地理院地図では、赤色立体地図モードより、傾斜量図のほうが火山の観察がしやすい。傾斜量図は、どっちに傾いているかが分からないという欠点もあるが、色別標高図と切り替えれば、それも問題ないしな。地理院地図を使うという前提では、傾斜量図のほうが優れているように感じる。
 で、本書でクローズアップしている火山をそっちのけで、あちこち火山の痕跡探しに没頭してしまった。北海道とか、東北とか、結構、火山のカルデラ跡が残っているものだな。というか、他から離れた、独立峰を見かけたら、たいがい火山という。以下、本文そっちのけで、いろいろと、気になった地形をメモ。



十勝三股カルデラと然別火山群

 適当に北海道の火山を見ていたら、上士幌町の北端に、なんか、不思議なカルデラを発見。山体崩壊にしては、下に流れ山がないし、なんだろうと思ったら、火山のカルデラらしい。北海道中央部、更新世の十勝三股カルデラの提唱と関連火砕流堆積物によると、100万年前の噴火でできたカルデラらしい。ぱっと見、よく分からないけど…
 基本的には、廃線と廃駅が有名らしい。確かに、通すならここといった場所ではあるが…


tenere.blog.shinobi.jp


 そのまま、地図を南にワイプすると、今度は比較的明瞭な火山群が然別湖の南岸あたりに出現。これを然別火山群というらしい。30万年前から2万年前と、比較的新しい火山。傾斜量図で見ると、南へ流れる噴出物の痕跡も見て取れる。これ、ダム湖じゃなくて、堰き止め湖なのか。
ja.wikipedia.org




赤井川カルデラ

 小樽の南西、赤井川村と仁木町に広がるカルデラ。中心のカルデラの周りを、さらに余市川の谷が取り巻いていて、衛星画像からもわかりやすい。二重のカルデラというのがすごい。
ja.wikipedia.org




増毛山地

 古い火山。傾斜量図で見ていると、平坦な高原が目立つ。ずいぶん浸食されているようだけど、東側には「北海道の尾瀬」と言われる雨竜沼湿原が広がっている。しかし、本州の山と違って、山小屋とかがないのだな。
www.kosugi-sp.jp
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
hokkaido-labo.com




七時雨山

 岩手県八幡平市にあるカルデラ火山。面白いのは、ここが昔の街道の通り道だったらしいこと。確かに、上ってしまえば、割と平坦な道になるが。花輪盆地方面に抜けるなら、前森山の麓を巻いていく方が、楽そうだなあ。あっちは、いくつか、沢があるけど。
 西側斜面の「車之走峠」というのが、いかにも廃道がありそうな感じのする地名。明治の馬車道くらいありそうだなあ。
 グーグルマップだと、わかりにくい…
ja.wikipedia.org




姉帯・小鳥谷・根反の珪化木地帯

www.town.ichinohe.iwate.jp
 この辺、なんか地形が不自然な感じがする。断層か、隆起の構造帯でもあるのかね。馬淵川の段丘がなんかすごいな。




梨の木峠

 七時雨山の北西、津軽街道の峠。三本の谷が切り込んでいて、国道、高速道路、鉄道がそれぞれ、別の谷を通っているのがおもしろい。現在の道は、車両用っぽい線形だけど、江戸時代の道はどんなだったのだろう。
 南からみて、手前の荒屋新町ストリートビューで見ると、良い感じの建物がけっこう残っているな。昔の宿屋かなんかかな。

ja.wikipedia.org
tougeoyaji.ciao.jp
www5.nsk.ne.jp



男鹿半島の火山群

 海岸線にあって、港になっている戸賀港が一番目立つが、近隣の目潟、内陸の寒風山など、多数の火山跡が。
ja.wikipedia.org
www.oga-ogata-geo.jp
serai.jp
syakeassi.xsrv.jp
ja.wikipedia.org
www.oga-ogata-geo.jp




鬼首カルデラ

 宮城県の北西端、荒雄山を中心とするカルデラ。火山活動は20-30万年前だそうな。温泉がいくつもあると言うことは、完全に冷えたわけではなさそうだが。荒雄山が中央火口丘ではなく、隆起したってのが、すごいな。
 南の潟沼周辺の火口群もなかなか。というか、こっちもカルデラなのか。鳴子カルデラというのが、あるそうで。
ja.wikipedia.org
pas.hateblo.jp
ja.wikipedia.org
tabippo.net



船形山

 十和田湖から赤城山あたりまで続く火山フロントの山々の一つ。不自然に緩やかな斜面があるから、元火山だなと分かる。比較的古い火山のためか、溶岩や火口は目立たず、どっちかというと地滑り地形が多い。東側の斜面に池が多いのは、そのせい。
ja.wikipedia.org





月山

 出羽三山の一つとして有名な山。ここも、元火山。傾斜量図で見ると、山頂の東側は緩やかな高原になっているのに対して、西側は険しい浸食地滑り地形になっている、二面性が印象的。昔の修行者も、険しい山の上の平原に、天国を見たのだろうか。
 藤島川の谷のでかさと、平野に出るとこに残る山体崩壊の流れ山が、この山の暴れっぷりを物語る。
ja.wikipedia.org





猪苗代湖

 猪苗代湖って、堰き止め湖だったんだな。北西の流れ出しのところに、流れ山があるということは、山体崩壊でせき止められたのかね。ウィキペディアでは、火砕流堆積物で埋められたとされているが。
ja.wikipedia.org




蔵王山

 火山による溶岩よりも、派手に崩れているなあという印象を受ける火山。御釜がある五色岳も、かなり崩れた形跡があるけど、崩れた土砂はどこへ流れたのだろうか。
 西側に山体崩壊して、流れた酢川泥流、巨大な堰き止め湖を作っていたっぽいなあ。
 北の八丁平にある有耶無耶関って、これが有耶無耶の語源なのか…
ja.wikipedia.org



沼沢湖

 会津盆地の西にある、見るからに火山のカルデラ。直近の活動では、5000年前に会津盆地まで届く火砕流を噴出しているそうで、思った以上に新しい山だった。
 あと、周り、ダム多すぎ…
ja.wikipedia.org




七ヶ岳

 これ、カルデラ火山じゃないのか。いかにもといった雰囲気の地形を作っているけど。それらしい情報はないなあ。南の高杖原にも、それっぽい盆地が存在するが。
ja.wikipedia.org
minkara.carview.co.jp




戸板峠

 なんか、地図にない、立派な二車線道路があるけど、これ、何!?
 作りかけの道路林道が、結局、計画中止で放置されているらしいが。ここまで作ってもったいないと思うべきか、ここから先の工区が金がかかりそうと考えるべきか…
 地理院地図の航空写真が撮られた時点では、北側からは道路工事が行われているな。
kumagorou157.blogspot.com
yamaiga.com



白鷹山崩壊地

 山形盆地の西にあるカルデラ。山体崩壊で形成されたようだが、どの程度の広がりがあったのだろうか。かなり古い時代の崩壊のようだから、平野部は浸食されたのかねえ。文献としては、山形県白鷹カルデラの構造と岩屑流堆積物蔵王火山および白鷹火山の巨大山体崩壊発生時期が引っかかった。
 西側にも大規模に崩落しているらしい。ここらあたり、谷を埋めて、河川争奪を引き起こしていそうだなあ。
 ここいらは、明らかに不自然な川の流れ(地理院地図から)

 ここも、尾根で分水界が出来ているけど、谷の中でかなり錯綜している。



ja.wikipedia.org
sumisumi.cocolog-nifty.com