小山御領方面へ

 コロナ感染が広がってきたので、はじめてマスク着用。なんか、微妙に呼気が上から漏れたり、位置直しで頻繁に顔に手をやるようになってしまって、これ逆効果なんじゃなかろうか。テレビでマスクしている人を見ても、政府関係者を含め、ちゃんと着用できてない人が目立つし。


 天気が良いので、花見&石碑狩りで小山御領あたりに進出。メインは鐙田公園でお花見。もう、かなり散り始めていて、桜吹雪がすごかった。
 ついでに、あの近辺のお堂や石碑を片っ端から再チェック。熊本地震で、それなりに変化が起きているっぽいので、その確認も含めて。
 買い物も。熊本市内でも、コロナ感染が広がってきて、あんまり屋内にはいたくないのだけど。巣ごもりにしても、資材の調達は必要だしなあ。ここで、マスク着用。
 先に、1/5000地図でチェックして効率よく探索。あとは、墓地に大胆に踏み込んでみたり。


 カメラのGPS機能が働かなくなっていた。ここしばらく調子が悪くて使っていなかったが、完全に壊れたようだ。もう、10年選手だし、そろそろ買い換え時かなあ。

御領まちの広場

 八反田にある、グラウンドみたいな場所。周囲に桜が植えられていて、今日は満開だった。石碑があったのだけど、子供たちが乗って遊んでいたので、次の機会に見送り。








鐙田公園

 藻器堀川が熊本空港線を横切る手前の谷頭にある公園。周辺には、もともと湧水が多い土地だったのだが、地下水位の低下で、ずいぶん減っている模様。とはいえ、現在もかなり湿地的で、北の方は、踏むと水がしみ出してくる。
 熊本水遺産にも登録されている場所。




 花見に来ている人がそれなりにいた。

















妙見池と妙見社

 鐙田公園の北東隅にある小さな社。地震以前は社があったのだが、撤去されている。
 妙見神のほこらの横の石碑には、「妙見大菩薩」「寛政11年」の年紀が入っている。それなりに歴史のある社のようだ。ここいらの谷は、それこそ中世からの水田だった可能性もあるし、そこへ水を供給する神として、相当古くから祀られていたのではないだろうか。五輪塔の残欠があったりするし。





 妙見池があって、池が掘られているのだが、湧水が減少して完全に干上がっている。





南居屋敷観音堂周辺の桜

 どちらかというと、その隣の墓地の桜という感じだが。この周辺、最近、史跡案内板が整備されて、便利に。







長嶺出口公園の桜と南の出口地蔵

 お堂が崩れかけているが…





佐岐神社

 道を間違えて、小山方面に行ってしまった。で、久しぶりに佐岐神社に。地震後行っていなかったが、なんか、ずいぶん雰囲気が変わった感が。
 火の見櫓は、地震を耐え抜いたことを確認。手水鉢は明治時代に寄進されたもの。





七畝金神

 このあたり、あらかたお社の類いは見たと思っていたけど、未見の神社があった。竹林の端に隠れるように存在する神社。馬の守護神として、この地域では信仰されたらしい。
 石灯籠は、平成元年と大正二年の年紀が入ったもの。あとは五輪塔の残欠があるけど、外部から持ち込まれたものか、古くから信仰された証拠なのかは分からないなあ。










小山御領神社

 久しぶりに。境内は変わっていないが、周囲は漆喰塗りの和風建築が姿を消して、ちょっと寂しく。




 ちなみに、境内右手の弁財天社は、近くから合祀されたものらしい。寛政四年の年紀の石灯籠が立っている。





御霊薬師堂

 脇に立つ桜が良い。