熊本市現代美術館「豊田有希写真展 あめつちのことづて/令和2年7月豪雨REBORNプロジェクト」/「CAMKコレクション展 穴・距離」

 奥の二つの展示室で開催されている企画展。
 前者は、芦北町の黒岩地区の人々の生活を追った写真の展示と昨年の豪雨で水損したフィルムのレスキュー活動を紹介するもの。『Reborn』今回、見送ったけど、買っとけばよかったか。

あめつちのことづて

 モノクロ写真だと、時代感覚が混乱するなあ。祭りや農作業など、それだけ、古態を残している感じ。
 芦北町のなかでも天空の集落感が強い場所。しかし、それでも、海からは数キロの場所なんだよな。当然、八代海の魚が入ってきて、住民の半分が水俣病の症状を示している。これで、バックれる日本国…
 海産物の行商なんか、本気で調べれば調べられただろうに。
 そこから、集落に通うようになって、撮りためた写真集。
www.t-ichida.gr.jp
adayasu.hatenablog.com


 また、昨年の球磨川水害で水に浸かった荒瀬、破木、岩坂周辺の1950年代の写真も展示されている。レスキューして、修復作業中の姿が紹介されている。荒瀬ダムの建設中の写真、破木集落のかさ上げの定点写真、西日本製紙坂本工場前でのお祭りの行列あたりが印象深い。旧坂本村には企業城下町的な性格もあったのだな。手前の洋品店が目立ってた。
haradaoffice.biz
www.hotetu.net


 そういえば、芦北や球磨川流域の地図を見ていて気に掛かったんだけど、この場所なんだろう。地理院地図になんかウニョウニョ道路が表示されていて、なんじゃこりゃと思ったのだが。下に採石場があるようだから、ここも、採石場跡なのかな。


穴・距離

 7点と小規模な展示。「穴」や「距離」を通して、何らかの心象を描いている作品を集めている。宮崎静夫、横山博之、三浦洋一、川島清の4人。三浦洋一の作品は、すごく絵の具を盛り上げて、地層みたいなのを作り出しているのがおもしろい。
 彫刻作品は、川島清「穴のある楕円嚢」の一点。金属と木を使ったテーブルの上に、丸太を半分に割ったっぽい「楕円嚢」が置かれていて、それは工具で穴が開けてあったり、削ってあったり。穴の中に、さらに穴がほじってあるのが、すごく苦手…

整理中

 昨日、階下に運び込んだ本を、二階に持ち込んで荷ほどき。
 思ったよりは、本棚に収まったけど、それでもかなりのラノベが本棚の収まりきらず。どこに詰めるかなあ。文庫本ケース組の解消は絶望的だが、これも困った物。雑誌を処分して、そこに詰めるかなあ。一番悩ましいのは、川上稔作品。これだけで、ものすごくスペース食ってるんだよなあ。ホライズンと終わりのクロニクル、どちらも手加減なく分厚いのがなあ。
 あと、完全にあぶれた新書版のコミック類とかも、どうしたものか。
 そして、なんでかあるはずの場所にない『生徒会役員共』の既刊。どこに入れたかなあ。わからん。


 とりあえず、アッチこっち散らばってたシリーズの集結はなんとかなってきたかな。東京レイヴンズとか、はたらく魔王さまは、だいぶまとまった。まだ、ビブリア古書堂シリーズとか、散らばってるのあるけど。


 つーか、新書とか、なんとか詰め込んだけど、すでに満杯で、新しく買うと溢れてくるんだよなあ。どうしよう。


 やっぱり、着陸の時点で、なんか燃えてるんだよな。余剰のガスを燃やしているのか、予定外の火なのか。で、着陸後に、炎が強くなっている。で、底の部分が爆発して、吹き飛ばされるスターシップ。最後はぺしゃりと…

大移動

 疲れた。
 本棚が完成したので、離れの物置に詰めていた文庫、新書、マンガ類を大移動。これで、熊本地震以降、あちこちに分散していた文庫が集結して、バラバラになっていたシリーズの統合ができる。しかし、思った以上に文庫の量が多くて、完全に収納不足。整理するしかないがどうしたものか。古いところだと、『風の大陸』やブギーポップシリーズをどうするかが問題だな。箱詰めのママなら読まないだろうし。文庫本ケースの類いのお役御免どころか、文庫本用本棚の増強が必要になった。
 あと、あると思ってた本が見当たらない。どこに片付けたんだろう…


 とりあえず、熊本地震の時と、その後のリフォーム時に物置に詰めていた20箱ほどのダンボールを移動。新書、マンガ、SF、学術文庫などは自分の部屋まで。文庫は力尽きたので、家に運び込んだところで終了。途中で、完全にダウン。ある程度疲れると、ほんと、体がついて行かなくなるのだな。
 夕方からひっくり返る。


 夕食後はすこし持ち直したので、ちょっとずつ本棚に詰め始めたけど、ラノベ類はともかくとして、マンガも全然スペースが足りない。スペースにあわせて、処分していくしかないかなあ。電子書籍を本格的に使うかなあ。
 新書類も、マンガほどではないが、スペース足りない。こちらも、積み本は処分していくか。ここのところ、新書を買いまくって、増やしたのも失敗だったな。しかも、全然読めてない…


 ランドリオールエリア88が発掘できたのは成果だけど、生徒会役員共の既刊が見当たらないのはどうしたことか。


 ニュージーランド近辺で、連続の大地震。かなり離れているとは言え、一日二日で三つも起きて、津波も発生となると落ち着かなかろうな。
 M8クラスだと、日本に被害を出すような津波にはならなかったようだけど。



 シナブン山火砕流、怖っ。
 とにかくでかくて、連続で流れ下っているのが。つーか、これ、麓の人家とか大丈夫だったんだろうか。
 ダダダと流れ下りつつ、噴煙が上に広がるのは、雲仙の噴火でも見た状況だけど、規模がすごい。

 昨日の日記のうち、風景や花など。気力不足で、最後まで書けなかったので。つーか、まだ、宿題があるんだよなあ。

桜?

 古町を走っていて、ある寺院の門の横で見かけた花。花弁に絞りが入っていて、すごく目を引くお花だけど、桜かな。最初は桃色で、だんだん白くなっていくのが、これまた良い。
 もう一つも何かわからないけど、スモモかなあ。














長六橋・代継橋間の遊歩道の花

 長六橋と代継橋間の左岸側堤防上は、遊歩道になって、そこに花が植わってる。桜の季節は、見事だろうなあ。
 とりあえず、今咲いているのはスモモ?、ボケ、レンギョウ、黄色い花。












ハクモクレン

 井出の口公園で見かけたハクモクレン、たぶん。コブシと見分けが付かないんだよなあ。ちょっと距離があったので、ズームに苦労した。





大甲橋から西へ

 大甲橋から下流側を殺警。こちら側は、最近、通らないので。アーチ橋が好き。


明八橋

 古町と新町を結ぶ橋の古い方。アーチの石橋、だが、ツタに覆われまくってるな。




白川橋

 ここ、一連だけアーチなのは、保存されているのかな。



井手橋

 町中の石橋。ここまで現役な石橋も珍しい。

インパクトドライバー怖い。

 なんか、天気悪くなると気力が低下するな。それでも、本棚の固定作業を実行。巾木の分を埋める板を用意していたのだけど、片っ端から割れて頭を抱えることに。こういう所に罠があるんだよなあ。とりあえず、家にあったかまぼこ板で代用。とりあえず、なんとかなったけど、穴を開け直したり、いろいろとまあ。
 下穴の位置合わせに、トールギスビームサーベルが大活躍。手近にちょうどいい棒がなくてw


 どうも、まだ不安定なので、他にもスペーサーを入れるしかないか。めんどくせえ。次の本棚は別の方法を試そう。


 スペースXのスターシップ、せっかく高高度からの着地に成功したのに、その後、残った燃料が炎上して爆発。基部が爆発して、また宙に飛ばされる姿が。派手に飛んだなあ…
 すでに、着陸の前から炎が出ているけど、どこが燃えたんだろう。
 しかし、ロケットが実際に垂直着陸できる時代か。すげーな。ただ、やはりリスクは大きそうだよなあ。


 メモ。遠くを照らす時は、カンデラやルクスが大事、と。

ゆるキャン△ SEASON2 第8話「ひとりのキャンプ」 - ニコニコ動画


 なでしこ、独り言多いw


 いよいよ、なでしこソロキャン本番。つーか、キャンプ道具一式担いで、山道登って、キャンプ場の階段ぴょんぴょん登るなでしこの体力凄いな。あと、転け方が危ない。
 すったもんだしながら、テントを設営したなでしこは、ソロキャンのテーマ、野菜の丸ごとホイル焼きに挑戦。
 ちょうど、同じキャンプ場に来ていた子供達も誘って、いろいろとお試し。このあたりの物怖じのしなさは、強いなあ。あっという間に仲良くなって、焦げ焦げとか、美味しくできたのを堪能したり。熾火でじっくりと焼いた野菜、美味しそうだよなあ。


 一方、リン・桜組は、早川町をあちこち回る。
 リンは、南アルプスに入れる一番奥までいって、その後、南下。雨畑湖の周りで温泉に入ったり、キャンプをしようと考えたり。しかし、スマホで連絡ができなくなってから、どうにも気になって仕方がなくなって。途中の「なでしこは電波通じないだけ」の繰り返しがいいなあw
 昼間ならともかく、日没あたりから暗くなってといった条件で、早川町から富士宮市まで原付飛ばすの、なかなかキツそうというか、危なそう…


 なでしこが無事にキャンプをやっていることを確認したリンは、ソロキャン続行のためにそっと去ろうとするが、そこで桜さんと遭遇。一緒に夜景を見に行くことに。と、そこになでしこが夜景の写真を撮るためにやって来て、鉢合わせしかけることに。
 逃げ回るリンと桜が楽しい。あと、なでしこ、そこで寝る気なの?


 なでしこ百面相。














 今週のしまりん。吊り橋と湯上がりのシーンがいい。










雛飾り

 本日は、貴重な晴れ間ということで、古町の清永本店の雛飾り公開に出撃。
 ついでに、マルエス模型店に行ったり、駅前のプラザ図書館に行ったり。マルエス、なんか店構えが変わりまくっていて、びっくりした。グーグルマップを遡ると、元の店舗の建物を解体して、ガレージがあった建物を店舗に改装したのか。2017年には現在の状況になっているから、ずいぶん行ってなかったんだなあ。その後は、プラザ図書館でカッとなって大量の本を借り入れ。今は後悔している。これ、片付かないぞ…
 白川河川敷で植木市やっていたけど、自転車止める場所が遠かったのでパス。


 熊本地震の被害から、紆余曲折を経て復旧した町家。骨組みだけになった蔵とか、良く眺めていただけに、新聞の記事を見て、中には入れる機会と飛びつき。
 雛飾りが、3セット以上あるの、すごいなあ。そして、屏風や掛け軸もなかなかすごい。歴史ある商家すごいなあ。











 屋根。和釘かクサビが残っている。



 元の台所。建物が撤去されて、竈と井戸と流し台の土台が残ってる。石畳の土間がいいなあ。そして、竈がかっこいい。二つ設置されている。






 お座敷の食器類展示。年中行事のたびに、人が集まっていたのだろうなあ。あと、ここと奥の茶室、ガラスが、ちょっと不均一な昔のガラスなのが、言葉のなく良い。
 鯛の菓子器が、これまた。









 蔵。一つ目。骨組みだったのをなんどか見たところ。材木が太いのがいいなあ。





 蔵、二つ目。こちらは、ひな人形が二セット展示。片方は御殿飾りということになるのかな。











 蔵の二階は、五月人形が飾り付けられていた。一番前は桃太郎。階段が急なのが、倉庫感ある。