くまもと文学・歴史館企画展「『新青年』創刊100年:編集長・乾信一郎と横溝正史」

 戦前に、探偵小説の流行を牽引した「新青年」誌の編集長を務め、同時に探偵小説の翻訳紹介、ユーモア小説などの著作をものした乾信一郎関係資料を中心とした企画展。シアトル生まれ、城南町の旧家出身という縁で、「新青年」誌で知り合い、親交を続けた推理小説家の書簡類や大好きだった猫グッズ、原稿などが展示される。
 海外の探偵小説の翻訳を「新青年」編集部にもち込んだ縁で、コラムや自作の小説、翻訳などを書くようになり、編集部に入って、1938年ごろには編集長になっている。そのもち込んだときの編集長が横溝正史だったという。それ以来の親交だったわけか。


 日中戦争で社会全体が戦時体制に傾く中で、時局におもねる社長と対立して、会社を辞める。その後、軍需工業の町工場を経営して糊口をしのいだというが、その工場はどうなったんだろう。
 前半は、「青いノート」、「コロの物語」、「ジョージ元気で」、「キャンディの冒険」といったNHKのラジオドラマの脚本の原稿・台本、そして、「敬天寮の君子たち」、「小さな庭の小さなウォッチング」、「『新青年』の頃」の原稿、エラリー・クイーンアガサ・クリスティといった翻訳した本が展示。
 戦前から推理小説に注目して、翻訳紹介する人びとが存在し、それらの影響の元日本でも推理小説を書く人々が出現していたのだな。国会議員を叔父に持ち、親はアメリカで仕事をし、大学まで進学できる乾信一郎は、このような時流にアクセスしやすかったわけか。


 後半は、乾信一郎が受け取った書簡類の展示。昭和20年代前半の書簡が紹介される。
 半分は、『新青年』誌の編集で知り合った作家たちの書簡。海野十三城昌幸獅子文六伊馬春部の書簡が紹介される。
 残り半分は横溝正史の著作と受け取った書簡。昭和20年代から50年代にかけての240通が残るが、そのうち昭和20年から23年の6通を紹介。残りは、来年の「横溝正史」展で紹介されるようだ。後々まで親交があったのだな。
 戦時体制で探偵小説が禁止されていた状況で、横溝に捕物帖を書いてはどうかと示唆したのが、この乾信一郎らしい。で、「人形佐七捕物帖」が誕生したという。その旨を記した献本が複数展示されていた。


 あちこちに分散しておかれていた猫の人形や置物がすごい。かなりコレクションしていたのだな。箸置きやその程度の陶器の人形から、高さ10センチ程度の前衛的なものまで。絵はがきや画像類などが。乾信一郎猫コレクションを中心に、「文学と猫」的なテーマもできそうだなあw


ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org

県立図書館に出撃

 かなり久しぶりに県立図書館へ。くまもと文学・歴史館で開催中の展示が22日までなので、会期中に行こうということで。後は、宇崎ちゃんの鳥取キャンペーンを見て、ちょっと気になったので、『鳥取県の歴史散歩』借りてきた。昔、山陰を青春18切符で旅行したときは、鳥取砂丘には行っただけだったので、ちょっと残念に思っているんだよね。倉吉とか、米子とか、境港とか、ちゃんと回っておけばよかった。島根はあちこち見ているのだけど。


 しかし、今日は雨降る寸前くらいの曇り空がずっと続いていて、空模様が気になって、あんまり楽しめなかった。久しぶりに江津湖周辺をうろついたが、ちょっと気分が乗らずに、早々に退散。こういう天気でも連休ということで、親子連れが水遊びをやっていた。それほど暑いとは感じないが、夏日だと、水遊びも楽しいのかねえ。
 ちょっとびっくりするほどブラジルチドメグサらしき水草が繁茂していた。ちょっと前まで、ウォーターレタスが繁茂していたのが駆逐されたのかな。これも、駆除しないと、なんか完全に占領されそうだなあ。
 ツタヤ健軍店を覗いて帰宅。


 そういえば、あちこちでコスモスがかなり咲いていた。もう、秋なんだな。

湯浅治久『中世の富と権力:寄進する人びと』

 なんか、「寄付」というと赤い羽根募金のような感じで後はノータッチという感覚があるけど、実際には、「寄進」「寄付」というのは、「縁」を結ぶ行為なのだな。現在でも、大口スポンサーに対して、寄付された側は気を使うだろうし。
 しかし、こう、ディテールが豊富すぎて、まとめるのが難しい本。


 中世の自力救済、分権、所有の不安定といった状況の中で、「寄進」という行為がどのような機能を果たしたのかを、時代ごと、分野ごとにまとめている。
 寄進という行為は、有力者に権益を寄進することで縁が結ばれ、自己の権益の維持を確実にする行為であった。その意味では、有力者に訴訟を代行させる「寄せ沙汰」と同じ行為であった。これは、荘園制の形成期から中世の終わりまで、一貫して意味を持ち続けた。平安時代摂関家が、この種の寄進に積極的でなかったという話が興味深い。
 あるいは、中世の法制では、売却・寄進どちらも旧所有者の影響力が残る。むしろ、所有を確実にするためには代価を支払って取得した方が確実性が高い。しかし、その場合、徳政令による返付を要求される可能性がある。その抜け道として、形式としては寄進だが、受ける側が対価を支払う売り寄進という形式も存在したという。


 第二部「中世社会のひろがりと寄進」は、それぞれの階層の寄進のあり方を、具体的に検討する。都市の有徳人、在地領主層、地域社会における寄付のあり方。
 都市の有徳人たちは、寺院に積極的に寄進することで、場合によっては縁を結んだ先の寺院から融資を受けたり、課税を逃れることができた。また、大規模なインフラ整備の費用を「勧進」という形でまかないつつ、自己も権益を得ることができる。一方で、有徳人の富は寺院を通じて地域に還元される。そして、社寺のスポンサーという立場を通じて、公的な体制に位置づけられ、公認される「出世」を果たすことができた。寺院への寄付は、様々な意味で美味しい行為であった、と。
 続いては、在地領主層。こちらは、地域から集めた富を寺院を通じて還元する役割が期待された。また、寺院、それに附属する町場は地域開発としても重要であった。また、公方と直通する寺院への土地の得分の寄進は、守護の在地支配への介入をはねのけ、自立を維持するための有力な手段でもあった。
 また、近江国大原観音寺を題材に、地域における寄進の意味を探っている。地域全体の宗教センターであった観音寺は、様々な公共的意味を持つ年中行事を遂行した。地域の有力武士は、このような公的意味を持つ寺社を保護することを通じて、公共性を獲得し、地域の「公方」となり得た。一方で、民衆の側も積極的に土地を寄進し、公共的な年中行事を維持していく一方で、その負担に対する再分配を受けた。
 「寄進」は、贈与関係を設定することで、様々な保護・非保護関係、信頼関係の創出、それによる富の集積・再分配を可能にした。


 第三部以降は、戦国時代の「寄進」の動き。
 様々な供養行為が、社会の低い階層にも拡散し、資産の寺院への預託行為も盛んになる。
 また、様々な「結社」が出現し、その団体内での融通・再分配として寄進が利用されるようになる。寺院としては滋賀の大原観音寺や菅浦などの惣村が題材にされる。寺の本尊や村の惣が法人として資産を保有し、必要なときにはコミュニティ内の構成員にそれを売却して資金を調達したり、逆に法人側から融通するなどの相互扶助・再分配が行われた。同時に、結社間で、勧進などの資金集めが互酬的に行われていた。
 また、そのような結社が正面に出てこない東国では、香取神社の文書から寄進の意味が検討される。15世紀から16世紀にかけて、神社そのものの資金需要の増大から、土地の本銭かえし売買が盛んになるが、結局、リスクのある投資は破綻してしまう。しかし、寺への寄進は、この種の投機の資産保全に利用された。


 寄進という贈与行為が、社会のさまざまなつながりを作るために利用され、地域社会の富の分配に寄与した。そのことは理解できる。しかし、政治的支配関係の創出、戦国期の地域社会における金融秩序の保持、コミュニティ内の相互扶助と論点が多岐にわたり、ちょっと飲み込むのが難しい。それが楽しい本でもある。
 最終的には、論点がさらに発散して、世界の寄進行為との比較論につながるのがおもしろい。イスラムのワクフも、寄進した資産を管理する役割につくなどで、有力者層の資産保全の機能があったようだ。なんというか、やっぱり只より高いものはないのだな。

病院へ

 そろそろ吸入薬が切れてきたので、病院へ。午前中のうちにということで、慌てて出たので雨の中を歩く羽目に。ナウキャストだと雨雲無かったのに。薄い雲から霧雨みたいなのが落ちてきていた。
 雨の日に出かけるのは久しぶりだなあ。せかせかと歩くと、すぐに体温が上がってなあ。やっぱ、もう少し歩かんといかんなあ。


 その後は、必要物資の調達など。


 今週はずいぶん涼しくなったなあ。やっと、秋が来はじめた感。今日は最高気温27度程度ということで、エアコンいらず。これで、湿度がもっと低ければねえ。
 しばらく秋雨前線は外れるようだから、動けるうちに動いておこう。


 熊本市内ではコロナの新規感染者判明が減って、ここ数日はゼロの日も。福岡県も10人前後まで減ってきているから、危険度は下がっているのかなあ。とはいえ、いまいち安心できないんだよなあ。本当のところはどうなのか。
 あと、結局は、東京・大阪の流行を止めないことには、どうしようもない。一時的に減っても、また送られてくるからなあ。すっかり緩和ムードだけど、しっかりしろよ。大阪は、明らかに判明する患者数が少なすぎるだろう。ちゃんと調べてるのかねえ。

宇崎ちゃんは遊びたい! 第10話 - ニコニコ動画


 なんか、今回はえらく鳥取県の観光案内っぽい展開だったな。しかし、宇崎ちゃん達、鳥取県内を何往復もしているなあ。鳥取砂丘から、倉吉の円形校舎のフィギュアミュージアム、戻って白兎神社、大山桝水高原、また戻ってきて倉吉市三朝温泉に宿泊。翌日は、一番西の境港で妖怪ウォッチング。二時間ドラマの類いでも、その移動は無理だろ感があるが、これはもっと無理じゃねw
 とはいえ、鳥取の「真実」の種明かしを考えると、こういう順序になるかなあw


 福引きで鳥取旅行を引き当てた二人。そこに迫る黒い影。榊と亜実さん登場。車を用意して、気が利くような振りをして、実は狙っていることがあった。
 榊相手の「気が利きますねー、正確はアレっすけど」連射が笑う。
 鳥取砂丘で競争したり、円形校舎でフィギュア買わせようとしたり、白兎神社でウサギ焼きを奢らせたり。いつもの宇崎と桜井。しかし、そのコース選択が榊たちの罠だった。白兎神社のおみくじがカップル向け恋愛みくじだった。実は、どこもカップルの聖地、そして、宇崎と桜井はどう見てもいちゃついているカップルにしか見えなかった。そこから、意識してしまう二人。
 「鳥取の真実」がなかなかエグかった。「カップルの聖地」がいくつも。つーか、一人旅できないじゃんw


 しかし、温泉浸かったり、遊んだり、境港の水木しげるロードをうろついたりしているうちに、いつも通りの所構わず痴話げんかするバカップルに逆戻り。亜実さんは、エアライスを堪能ですかw


 ところで、行く先々に現れるガイドさんとか、「とっとりぃー」のバカップルは何だったのかw


 照れる宇崎ちゃんがかわいい。












 ラストは特殊エンディング。鳥取の観光地を背景とした宇崎ちゃんの姿。ちょっと、露骨感があるかねえ。
 取り上げられた場所は、道の駅神話の里白うさぎ、鳥取砂丘、倉吉白壁土蔵群、大山まきばみるくの里、鳥取砂丘コナン空港三朝温泉薬師の湯、三朝橋、日韓友好交流風の丘、中国庭園燕趙園、はわい温泉、東郷湖、投入堂水木しげるロード皆生温泉浦富海岸。ここいらが、鳥取の観光関係者が推したい場所なのね。
 地図を見ていると、行きたくなる。倉吉とか。
 しかし、白兎神社、ブラタモリに出てきた地学スポットでもあるのだが、ここまでカップルの聖地を強調されると、一人では行きにくいのだがw







出かけ損ね

 なんか、季節の変わり目か調子悪い。
 出かけるつもりだったのだが、いろいろと邪魔が入って、一日引きこもり。まあ良いんだけどね。いつでも良いようなもんだし。おかげで、読書は進んだ。読書ノート書くのが進んでないけど。


 ここしばらく、暑いといっても、真夏のような酷暑からは大分落ち着いた感。一日、クーラー着けっぱなしの必要はなくなった感じ。だが、今日はけっこう暑かった。おかげで、なんか寝不足で、変な時間に寝ることに。おかげで、完璧に出かけ損ねた。
 もうちょっと涼しくなると、ずいぶん楽なんだけどねえ。



 ちょっと印象に残った言葉。その、「おっ」という差別を抑止するのは本当に難しいし、それが積み重なって当事者には重荷になるのだろうな。
 一方で、理性で抑止できる事であるとも言える。
 そういうの、言語化できるのがすごいなあ。


 道で外国語でしゃべっている人見ると、気になることなんてのはあるしなあ。

ド級編隊エグゼロス EPISODE 10「二人の雲母」 - ニコニコ動画


 今回、はじめてキセイ蟲が出てこなかったな。


 前回の旅行の続きで、トーキョーチームとともに東京観光。宙の発案もあって、秋葉原へ。しかし、レットを取り合う雲母と紫子の駆け引きもあって、結局、萌萎、紫子、百花、雲母の組と残りの組に分れることに。レット達の側は、フクロウカフェやゲームセンターへ。雲母たちはエログッズショップへ。雲母はエログッズショップから逃げ出し、紫子から宣戦布告を受けてしまう。


 後半は、一転、レットと雲母の二人の話に。ともに、はぐれて一人になった二人は、一緒に帰ることに。しかし、降車駅で人とぶつかって、雲母はいつも着けている髪飾りを落としてしまう。それを探して、終点までいくことに。
 で、その髪飾りが、かつてレットが「プロポーズ」で贈ったものであること。それを、雲母は、キセイ蟲に吸われたショックから封印していたことが明らかになる。雲母としては、あまり意識せずに着けていたのか。
 小学生時代のからかい上手の星乃さん時代が、どうしてこの小学生、こんなに色っぽいんだという、設定間違えている感が。それでも、結婚申し込みでしおらしくなっちゃうちょろさも。
 逆に、真相を聞かされて、グルグルする雲母ちゃんがかわいらしい。





 最終的には、雲母の告白みたいな感じに。しかし、それを受け止めきれなかったレット君はごまかしてしまう。うーん、ヘタレめw
 ラブホに泊まるような空気を出して、最終的にタクシーで帰ろうかとなってしまうのが。それに対する雲母ちゃんの笑顔がいいなあ。まあ、そういう奴だよね、レット君。



 あとは、相変わらずのエロハプニングとか。つーか、ラスト近くのハプニングはなかなかエロいシチュエーションだなあ。トーキョー支部チームの業の深さがなんとも。橙馬くんだけじゃなくて、まとめ役的なよなの「背徳感」というのも、かなり、優等生コンプレックスな感じで、こう。


 しかし、紫子ちゃん、今回もいいなあ。策に溺れた系の自滅っぷりもw






 次回が、「バイバイ、エグゼロス」ということは最終回なのかな?
 初回からオープニングに出てきていたコスチューム、結局、間に合ってなくないかw