感染症

「エボラ熱 検査体制強化:国立感染研 原因ウイルス輸入へ」『熊日新聞』18/11/16

エボラ、南米出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグウイルスを、検査用に輸入するというお話。国立感染症研究所村山庁舎で、使う。なんか、エボラはコンゴで制圧不能で、人類社会に定着しそうだし、そういう意味では、ウイルスの輸入は必…

インフルエンザで病院に行く時はどんなときか

インフルエンザで「早めの受診」は間違いです! (新潮社 フォーサイト) - Yahoo!ニュース 軽症といっても、39度台の熱が出て、かなりきついと思うのだが。 医者に行っても、実はそれほど劇的な効果がある治療はできない。来院に伴う、スタッフや別の病気の…

性病のひとつ「淋病」の治療が「スーパー淋病」登場により不可能になりつつあるとWHOが警告 - GIGAZINE

gigazine.net あちこちで、抗菌剤に耐性を獲得した病気が出現しているな。こういう耐性の性病は、人口増加を抑える、強力な要因になったりして。

新たに10人 関西空港の従業員に はしか広がる | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010664751000.html これが、スーパースプレッダーの威力か。 冗談抜きに全国に拡散しそうだな。罪深すぎる。1人から、完全にアウトブレイク状態になっているのだが。 私は、抗体大丈夫かな。予防接種は受けてい…

<麻疹>大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000076-mai-soci 再び【麻疹の注意喚起】 全国に広がるリスクのある事例 - 感染症診療の原則 ほとんどバイオテロ、しかも、自爆テロだな… 海外で病気もらってきて、高熱発症。さら全身に発疹が現れた状態で、…

科学関係記事メモ

[宇宙]惑星の破片をむさぼる「ゾンビ星」を観測 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト トランジット観測でもいろいろわかるんだな。 地球型惑星を探すのが目的で、白色矮星の観測はメニューになかったケプラー宇宙望遠鏡。たまたま、視野に入ってた白色…

本日のメモ

「トカゲ」から考察、日本列島の成り立ち - Yahoo!地図ブログ へえ。西日本に生息するニホントカゲと東日本に生息するヒガシニホントカゲの二種がいる。で、その分布の境界は紀ノ川や鈴鹿山地になっていると。変わった境界線だな。どうして、こういう分布の…

本日のメモ

[感染症]恐ろしい発見、植物の中で保たれる「狂牛病プリオン」尿やフンから広がる | Medエッジ まあ、羊のスクレイピーは同じ土地で残り続けるそうだから、感染ルートとしては不思議ではないかな。スクレイピーが発生した牧草地では、別の群を導入すると、そ…

災害と感染症関連記事メモ

[災害]いまネパールで何が必要とされているのか | アジア | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト 国民の3割が被災か。耕地の被害が比較的軽いらしいのが救いだな。こういう広域災害の時こそ、リモートセンシングが役に立ちそうだけど…

本日のメモ

[本]学研HD、出版事業の一部廃止など発表 希望退職者も募集 :日本経済新聞 『歴史群像』オワタ…? 学研M文庫か。架空戦記と時代小説ばっかりという印象が。初期には、軍事史関係の本も出ていたけど。 [環境]漁獲枠「半減」では不十分、マグロが消える日 | 週…

ナショナル・ジオグラフィックからメモ

[感染症]エボラウイルスの感染源に意外な動物 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト エボラウイルスの自然宿主としては、以前からコウモリであるとは言われていた。しかし、今まで本命視されていたオオコウモリではなく、小…

本日のメモ

[感染症]HIVが弱体化し「ほぼ無害になる」日がやって来る可能性があると発表される - GIGAZINE いや、発症までの時間が長くなるってことは、それだけ無自覚に広める期間が長くなるだけでは。ウイルスとしては、人類にもぐりこみやすくなるだけだと思うが。無…

本日のメモ

[感染症]エボラ出血熱 先進国で助かるケース相次ぐ NHKニュース そりゃまあ、一日10リットルの点滴とか、相当濃厚な治療を施してるしな。たとえば、患者数が一国で数十人規模になったら、機能しなくなると思うが。ここまでやっても、それなりの死者がでるっ…

「ブッシュミート(野生動物食)」がエボラ出血熱を広げた(榎木英介) - 個人 - Yahoo!ニュース

bylines.news.yahoo.co.jp なんか筋の悪い記事だな。 ブッシュミートが感染症の原因の一つであること、商業的な狩猟が生態系に狩猟圧を掛けすぎているという問題は承認した上で、今回のエボラ流行とブッシュミートを結びつけるのには反対。つーか、ブッシュ…

本日のメモ

[感染症]ナイジェリアのエボラアウトブレイクの"犯人"たち: 忘却からの帰還 うーん、地位を利用して外国に移動。その人物が、感染の核になるか。逆に言えば、流行地域の医療水準の低さや設備の未整備、政府の防護処置運用能力の低さが、こういう状況を招いて…

本日のメモ

[感染症]プロが危惧する感染症予防後進国・日本の姿 WEDGE Infinity(ウェッジ) 予防接種を中心とする感染症予防体制の不備の問題。海外に行く時に、出先で流行している感染症の予防薬投与を受けない・知らない問題。さらには、海外から留学・ビジネスで来訪…

本日のメモ

[災害]豪雨でしょうか いいえ断水しています。【緊急レポ】まさかの断水北海道 - エキレビ!(1/3) 水道がぶっ壊れて一番困るのは、トイレなんだよな。貯める施設がそれぞれに家にあるわけではないし。風呂も大量の水を使うけど、一日に何度も必要なものでは…

本日のメモ

アクションカメラ関連記事メモ アクションカム比較(ソニー HDR-AS100VとGoPro Hero3) : カートと自転車とダジャレ的生活 【津々見友彦の6輪生活】アクションカメラ徹底利用 ソニー×GoPro×ガーミン、結局どれが良いのか|自転車ならサイクルスタイル − 自転…

本日のメモ

[地学]リグニン分解酵素の進化が石炭紀の終焉を引き起こした−担子菌ゲノム解析コンソーシアムの共同研究成果がScience誌に掲載 | 東京大学大学院農学生命科学研究科 うーん、研究の主眼は白色腐朽菌のリグリン分解酵素獲得の過程を遺伝的に明らかにしたとこ…

本日のメモ

[感染症]デング熱の国内感染確認 渡航歴ない埼玉の女性:朝日新聞デジタル うわ、こわー 国内で定着してしまった可能性高しか。家の庭も蚊が多いので、なんか対応が必要かな。 死亡率が1%以下といっても、「適切な」治療が受けられればというただし書きがつ…

Togetterいろいろ

[災害]口永良部噴火に見る予知の現状 井村隆介先生と小山真人先生 - Togetterまとめ 口永良部島の2014年8月噴火 - Togetterまとめ なんか相当ダメダメな対応になっているようで。危険にさらされている人のための情報でなくなってしまっている感じだな。情報…

エボラ出血熱対策を阻む文化の高い壁(医薬品を拒絶し魔術に走る人々) - 新型インフルエンザ・ウォッチング日記

blog.goo.ne.jp うーむ、西洋医学が拒絶されてしまうのは問題だな。一方で、「サーベル農政」みたいなやり方も望ましくないと思うが。 葬送儀礼に介入するのは難しいよなあ。そこにエボラがうまく入り込んでしまったと。

エボラ出血熱、リベリアでも感染確認 流行規模は「前代未聞」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

www.afpbb.com 罹ると怖いけど、あんまり感染力の強い類のウイルスじゃないのにな。そんなに人が動いたのか…

消えたペニシリン - 感染症診療の原則

blog.goo.ne.jp 梅毒治療で一番の特効薬であるペニシリンの筋肉注射が供給されなくなっているという話。うーん。何とかならんもんかね。 しかし、ペニシリンが効く病気って、まだけっこうあるんだな。

浜松市集団食中毒 市、パン製造会社調査 「意識は高い施設」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140118-00000495-fnn-soci 割と意識が高い施設でも、こういうことが起きるんだな。ノロウイルスは怖いな。

どうやらノロウイルスが猛威を振るっているようです - 対策まとめ - 柿の種中毒治療日記

kakinotane177.hatenablog.com うーむ、これ、家族の誰かが罹ったら、感染は不可避だろう。 経口感染なので、とにかく手を洗う。アルコール消毒は効かないので、物理的に流す。洗濯物は熱湯か、漂白剤で洗う。吐瀉物は次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイタ…

日本の女子高生は世界一性病にかかってる? 16歳のクラミジア感染者17.3%・・・日本性教育協会:キニ速

b.hatena.ne.jp うーん、数字の読み方が間違っているような気がするけど。日本性教育協会が発行する雑誌、『現代性教育研究ジャーナル』の16号(2012/7)に掲載されている今井博久「若年者の性感染症の現状と予防」の記事が元情報のようだ。なんで今頃記事に…

刑務所内、結核リスク11倍 治療途中で出所のケースも:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312280420.html 狭いところに詰め込むから、いったん入り込むと蔓延しやすいのだろうな。雑居房なんかでは。さらに、診断と治療も遅れそうだし。で、後は貧困問題と。

「サルモネラ症で注意喚起:ペットのカメ 感染源に:厚労省」『熊日新聞』13/9/6

カメに触れたことを原因とする「サルモネラ症」の集団発生が米国で相次いでいるとして、厚生労働省はこのほど、ペットとして飼われているミドリガメなど、爬虫類の取り扱いについて注意を喚起するよう都道府県などに要請した。 サルモネラ症は、サルモネラ菌…

「梅ちゃん」の増加 - 感染症診療の原則

blog.goo.ne.jp こういうのに、規範的な対応しかしないんだよな。つーか、コンドームでは完全に予防できないのか…