おがきちか『Landreaall 26』

 黒虹の奴隷市場から救出されたDXは、クエンティンの野望を挫き、メイアンディアを救出するために動き始める。黒虹の奴隷を傭兵として借り出し、クエンティンの城に攻め込む。
 一方、王都ではクエンティンに操られた人々が暴力沙汰を頻繁に起こすようになる。また、フィリップとロビンは大老との対面に。こっちの方がどう動くのやら。
 しかし、新しい体制を生み出そうとしているアルトニアにとって、ただ壊したいだけのクエンティンも、王位を「奪い返す」ことだけが目的でビジョンがないユージェニも、どっちも単なる反動に過ぎないよなあ。
 結局、ユージェニの父親って誰なんだろう。大老の息子と思っていたけど、そうなるとロビンの母親と二股ってことになるし。
 ルッカフォート将軍はどうなっているんだろう。