科学はコミュニケーションの「敗北」に向き合えるか

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT11000010122009確かに、制度や個別の事業の妥当性というところには、答えていないよなあ。