「翠星のガルガンティア」第10話アニメ上映会:第10話「野望の島」

 うーん、二度見するのがつらい展開だ。あと、続きが待ち遠しい。
 「真相」を知って混乱するレド。ほとんどずっと、廃人モードだったな。
 一方で、お宝がっぽりで調子に乗ったピニオンは、大規模に宣戦布告をやらかしたり、ノリで海賊を支配下に入れたりと、順調に暴走中。無駄な争いを産むなんてバカなことを。強力な敵を呼び込むか、仲間に裏切られるか、どっちかで死にそうな気配が濃厚になってきたな。ベローズに喝破された通り、「大きなことがやりたい」だけで、それ以上の中身がなかったんだな。だから、成就したとたん、調子こいて、力を誇示しはじめる。逆に、フランジ爺さんは、もうちょっとまともだったな。
 最後のチェインバーの大演説も興味深い。戦闘者としてのレドを維持するのが目的だから、ああいう理屈になるんだろうけど、実際のところ穴だらけの議論だよね。精神的に弱っているレドには効くかもしれないけど。確かに生存戦略の相違ではあるけど、だからって、互いに殲滅しあう必要性はないと思うが。戦いのための戦いでしかない。で、結局、その論理が行きつく所は、子供を消耗品として扱う人類銀河同盟の社会なわけで。本末転倒だろうと。必要以上に闘争にリソースを割かない、ガルガンティアの行き方の方がまともだと思うけどな。
 で、最後は、なんか怪しげな宗教集団とクーゲル中佐の再登場。クーゲル中佐が生きているってのは想定の内だったが、あの集団はなんだろうな。干からびたクジライカを掲げるというのが、予測を妨げる効果的な演出となっているな。クジライカを討伐する集団とも見えるし、逆にクジライカ御神体と崇める集団とも解釈できる。額のマークが、9話のワームホールスタビライザーを乗っ取るという演説をしていたイヴォルバーのボスに見えるから、ヒディアーズ側なのかね。クーゲル中佐も洗脳されているとか。
 しかし、一見牧歌的に見えたガルガンティアの世界の裏側には、旧世界の争いの負の遺産がきっちり残っていたのだな。で、ピニオンがそれと知らず、虎のしっぽをふんずけちゃったと。あの教団みたいなのが、後で報復する、それが「たたり」として周囲に認識されることになったのかね。
 とりあえず、マイタちゃんとメルティは生き残れるのか。あと、ここのところOP・EDソングと作品の雰囲気の乖離が激しい点について。