御船町恐竜博物館に出撃

 御船町恐竜博物館の特別展「新発見 恐竜時代の支配者:進化するモンタナの恐竜たち」を見にいく。行こう、行こうと思いつつ、延び延びになっていた。夏休みはチョロガキで混みまくるが、秋の平日だと、人も少なくて、ゆったり見られる。
 地震後、御船方面に行くのは初めてだが、やはり、ずいぶん景色が変わっている。特に沼山津から島田あたり。特に、島田はだいぶ建物が消えていた。
 というか、産交バスの沼山津経由御船行きは、益城から御船の山沿いの集落をぬって走るだけに、なかなか冒険的な感じ。最大の問題は、2時間に一本しかないことだけど。写真を撮ろうと思っていたのだけれど、バスの中から、写真を撮るのは難しい。特に、今時分は道路が歪んで揺れるから。


 沼山津は大豆らしきものが植えられていたが、用水が破損しているのかな。島田以南は普通に田んぼで、今は稲刈り中。




 御船町恐竜博物館前のティラノサウルスとハロウィンモードの古生物たち。




 マルエイ御船店の前の地蔵堂にかけてあった、ワラ製品。どういう意味を持つのだろう。