「モーレツ宇宙海賊」7~12話上映会 - 2019/11/19 23:00開始 - ニコニコ生放送

live.nicovideo.jp
 黄金の幽霊船編。
 二学期になって、学校と海賊稼業の二足わらじに苦労する茉莉香。抜き打ちの小テストに、低成績を連発する。ある種、平穏な日々に、特急料金の急な客船相手の営業が飛び込む。で、いつも通りのやらせ海賊の間に、密航者が弁天丸に入り込む。で、その密航者が、セレニティ星王国の第七皇女グリューエル・セレニティであった。彼女は、弁天丸に「黄金の幽霊船」の探索を依頼される。
 彼女はとりあえず、白鳳女学院に転入。
 特殊技術「代返」って。とりあえず、ヨット部に入部、練習航海に参加しているということにして、幽霊船探索にお出かけ。「今決めました」の部長さんのノリの良さがかっこよすぎ。ついでに、弁天丸の身代わりは、バルバルーサで、チアキちゃんが代役。こっちも、ものすごいノリノリなのがw


 で、王宮からもたらされたデータから、暗礁空域で幽霊船探し。
 その過程で、セレニティの軍艦と遭遇、交戦。さらに、セレニティ艦隊の後をつけて、幽霊船の出現地点に殴り込み。空間が裂けて、巨大な世代移民宇宙船が顕界。巨大な重力震に翻弄される弁天丸。それを乗り切って、黄金の幽霊船に突入。
 セレニティ艦隊を指揮する、グリューエルの妹、グリュンヒルデと黄金の幽霊船の核をめぐって、争うことに。歴代王族を生み出してきた人工子宮と遺伝子バンクであるバラの泉前で、にらみ合うセレニティ軍と海賊たち。というところで、急転直下、茉莉香たちが両方を眠らせてしまう。
 さすが海賊、いつの間か示し合わせていた。
 結局、なんとなく有耶無耶になったけど、結局、どういうこと。グリューエルが、バラの泉を停止させて、過去からの決別しようとしていたみたいだけど。セレニティ星王国が政治的危機にあって、権威に頼りたい勢力と過去と決別を考える勢力の対立があったって事なのかな。
 結局、バラの泉が枯れたことで、否応なく、王家も変わらなければならなくなるということか。


 ストーリー的には、それほど起伏があるわけではないが、嵐の宇宙、時空震、1000年放置されていた世代型移民宇宙船の廃墟と、背景が魅力的。


 茉莉香の理解者として、友人たちを動かす黒幕としてのマミさんの存在感w
 グリューエルに、居場所の偽装をするには、ヨット部がもってこいと紹介してみたり。チアキちゃんを無理矢理付き合わせたり。地上の妻だね。
 そうか、茉莉香は努力家で、常にけっこうギリギリ。存在感のありすぎな母親に並び立つために、頑張っている。


 戦闘担当のサイボーグ、シュニッツァーが、コメでシュニキとか言われているのに笑う。




 とりあえず、二周目になって、オープニング、エンディングも聞き続けられるようになってきたな。なんというか、不協和音というか。サビのところが、アレなのがつらい。慣れてくれば、なんとか。
 とはいえ、9話、12話で「イメージソング」Black Holyが流れて、比較されちゃうと、どうにも。