事故4割減! 宇都宮市に登場した“安全な”自転車レーン

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090413/101262/
理想的な自転車レーンから。
事故が4割減というのは大きい。これだけの幅があれば、脇を抜けていく自動車も怖くないだろうし。実際のところ、車道を走る場合、後への注意が必要で凄く疲れる。

2つだけ取り上げるならば、そのレーンの上の違法駐車を極力減らしたこと。そして、レーンから自転車横断帯への誘導(ものすごく危険)を行わなかったこと、だ。

これに左側通行の排除がつけば、ずいぶん快適に走れる。
ただ、問題は、交通量が多い幹線道路で左側通行を徹底できるかということ。なかなか渡れない(というか渡れるところが遠い)ため、右側を走ることはある。東バイパスや国体道路あたり。こういうのは、どうすればいいのかな。